cimzia(シムジア)

テキストサイズ

ユーシービージャパン株式会社 アステラス製薬

シムジアとは

シムジアは関節リウマチの治療に用いられるTNFα阻害薬で、異常に増加したTNFαのはたらきを抑え、関節の炎症や破壊を防ぎます。
また、シムジアは抗体からTNFαと結合する部分だけを取り出し、ポリエチレングリコール(PEGペグ)という物質を巻きつけたペグ化した構造をもっています。

シムジアの構造

ペグ化のメリット

効果を持続させることができる
タンパク質をペグ化すると、体内でのタンパク質の分解が抑えられ、血液中に長期間残存し、薬の作用時間を延長することが可能になります。
炎症部位に集まることができる
正常な細胞に移行しにくくなることで、炎症が起こっている部位に集まりやすくなる性質があります。
抗体とは
細菌やウイルスなど体にとって敵であると判断した異物(抗原といいます)に抵抗して、体を守ろうとするときにはたらくタンパク質が抗体です。関節リウマチでは増加したTNFαが異物となるため、抗体を結合させることで、TNFαのはたらきを抑えることができます。