リウマチとライフスタイル

ライフイベントについて

働くうえで気をつけることは?
関節リウマチであることを職場の人に伝え、通院や治療に合わせてスケジュールを調整できるようにしましょう

体調が悪いときに遅刻や欠勤することもあるため、関節リウマチであることを職場の上司や同僚に報告をしておくとよいでしょう1)。また、通院の日程を確保できるよう、事前にスケジュールを調整することが大切です。
デスクワークの場合はときどき体を動かして休憩をとるようにしましょう。オフィスでは関節を冷やさないよう温度や空調に注意し、冷房の季節には一枚羽織るものを準備し、風が直接当たらないようにしましょう2)

林泰史監修「スーパー図解 関節リウマチ」p135, 法研 2013 より参考に作成

1)
橋本博史監修「改訂新版 図解 膠原病がよくわかる最新治療と正しい知識」p166-167, 日東書院本社 2016
2)
林泰史監修「スーパー図解 関節リウマチ」p134-137, 法研 2013