リウマチとライフスタイル

日常生活について

長時間同じ姿勢でいるのはよくないの?
同じ姿勢を続けると特定の関節に負担がかかるため、こまめに体を動かしましょう

関節を保護するためには「安静」が重要ですが、体を動かさない日が続けば関節周辺の筋肉が衰え、関節機能の悪化につながります1)。症状が落ち着いたら家事や仕事など普段通りの行動を心がけ、活動量を増やしていきましょう2)。通勤や買い物、散歩に出かけるだけでも運動になります。
また、長時間同じ姿勢を保とうとすると特定の部位への負担が増加します1)。デスクワークや読書をするときは、ときどき体を動かして休憩をとりましょう。

林泰史監修「スーパー図解 関節リウマチ」p121, 法研 2013 より参考に作成

1)
林泰史監修「スーパー図解 関節リウマチ」p120-121, 法研 2013
2)
山中寿監修「関節リウマチのことがよくわかる本」p70-71, p74-75, 講談社 2015