療養生活を支えるさまざまな医療・福祉制度

関節リウマチは慢性的に経過する病気なので、長い期間にわたって診察を受け、治療を続けていく必要があります。
このような関節リウマチ患者さんの療養生活を支えるために、さまざまな医療・福祉制度があります。

医療費を軽減するさまざまな制度
身体障害者手帳で利用する生活支援サービス
所得を補償する傷病手当金と障害年金
介護保険サービス

現在の制度は複雑で、金額などはたびたび変更になります(上記リンク先の記載は2019年8月時点の情報です)。
また、制度によっては利用できる場合とできない場合がありますので、ぜひ市区町村の担当窓口や病院のソーシャルワーカーなどの専門家に相談して、活用するようにしてください。